ダイヤモンド買取の流れ

ダイヤモンドを売却したいと考えている方の中には、買取までの流れがどのようなものなのか分からず、不安を抱いている方もいるはずです。

そのような方は、一連の流れを把握する事で不安を払拭する事ができるかもしれません。
まず、一番始めに行わなければならないのがジュエリーファンなどでの買取査定の依頼ですが、店頭買取、出張買取、宅配買取があります。
店頭買取では買取店に直接ダイヤモンドを持ち込み、その場で査定が行われ、提示された査定金額に納得すれば買取が成立し、現金を受け取る事になります。
出張買取では自宅に鑑定員が出張してくれ、すぐに査定を行い、金額を提示してくれます。

その金額に納得する事が出来れば買取が成立し、現金を受け取る事になります。
宅配買取ではダイヤモンド買取業者から送られてきた宅配キットで品物を送り、査定が行われます。

もしも、査定結果に不満があれば返却してもらえます。
ダイヤモンド買取の方法は様々ありますが、査定してもらったら買取をお願いしなければならないという訳ではありません。

提示された査定額に納得できなければ返却してもらうことは出来ますので、売却を検討している方は一度査定に出してみるのも良いかもしれません。

ダイヤモンド買取の査定基準に密着

ダイヤモンドの買取の査定基準とは、どのようなものなのでしょうか。
ダイヤモンドには4つの要素があり、実は、これらの要素が買い取り査定に大きく関わっています。

1つ目の要素は、Carat(重さ)です。

ダイヤモンドの重量は、カラット(ct)という単位で示されていて、1カラットは0.2gです。

この重さが、重くなればなるほど希少価値が高くなります。

2つ目の要素は、Color(色)です。

ダイヤモンドの多くは、かすかに色がついています。

これが、無色透明に近くなればなるほど、高く評価されます。

3つ目は、Clarity(透明度)です。

透明度は、内包物のサイズや数、位置、性質などによって変わってきます。

傷が少ないほど、高く評価されます。

4つ目は、Cat(研磨)です。
ダイヤモンドのカットは、プロポーション、対称性、研磨の評価によってグレードが変わってきます。

カットの優れているものから、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェアー、プアーと呼ばれています。

2015年12月14日 ダイヤモンド買取の流れ はコメントを受け付けていません。 ダイヤモンド買取